三祉会

園だより

行事・スケジュール

子育て支援

地域公益活動

お問い合わせ

スタッフ募集

TOPへ戻る > 園だより

園だより

1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2016年度 3月 2月 1月 12月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月



あけましておめでとうございます。
12月の「生活発表会」に大勢のご家族の皆様にご参加していただきありがとうございました。
保護者の皆様に見守られ緊張しながら様々な表情を見せてくれた子ども達です。保護者の視線を一斉に浴びながら初めての生活発表会の舞台に立ったすずめ組さん、昨年の表現活動を自信にして大好きな物語のストーリーを楽しんだりす組さん、猫一家の家族愛をクラスの仲間と表現したはと組さん、様々な楽器を使って一つの曲を奏でたり、物語の登場人物のイメージを友達や家族に相談しながらどのように表現したら見ている人に伝わるのか一生懸命に考えながら演じたきりん組さん。各年齢の子ども達の姿は未来への希望と期待を膨らませる内容であったと思います。保育園生活の中で友達や保育者との関わりを通して日々たくさんの事を思い、感じ、考え、試し、話し合ったり、言い合いをしたり、相手の気持ちを探ったりなど、沢山の感情を育ててくれるのは、やはり人と人とのつながりの中でこそですね。
この王子北保育園での出会いを大切に、子ども達の明日の笑顔とキラキラ輝くまなざしの為に今年も職員一同張り切って保育をすすめていきたいと思います。
保護者の皆様どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

* 各クラスの様子 *

ひよこ組(0歳児)
風にも負けず寒さにも負けず、12月も元気に園庭や散歩先で遊んだひよこ組の子ども達。園庭では小石を砂場用のカップやお碗に入れながら散策したり、“さるすべり”の木の窪みに指を突っ込み大好きな石を取ろうとする微笑ましい姿がありました♪

また、鉄棒の柵に掴まったり柱に隠れたりしながら「ば~」と“いないいないばあ”を楽しむことも多くなっています。散歩先では、小さなアスレチックの階段を全員が一人で登れるようになり、全身を使いよじ登ったり動いたりする姿も増えました。
 クリスマスに向け、シール貼りを初めてやってみました♪貼ったり剥がしたりすることを楽しみながらも、真剣な眼差しはお兄さんお姉さんのようでした!初めてのサンタさんを見て、泣いたり動かず凝視したりする子ども達が殆どでしたが、プレゼントでもらったコンビカーで毎日体を動かしながら遊んでいるひよこ組の子ども達です♪。
うさぎ組(1歳児)
12月も寒さに負けず、元気いっぱい戸外で体を動かしていたうさぎ組の子どもたち! 三輪車を漕げるようになった子やロッククライミングを一人でできるようになった子もおり、「せんせー、みて!」と呼んでは楽しそうに遊んでいます。また生活発表会の見せ合う会を見に行き、お兄さん、お姉さんたちの劇を楽しそうに見ていました。クリスマスにはサンタさんが会いに来てくれましたが、少し緊張していた子どもたち。幼児さんたちが拍手すると一緒に拍手をして少しずつ緊張もほぐれてきていました。最後にはサンタさんと一緒に写真を撮って、嬉しそうなうさぎ組の子どもたちでした!プレゼントのコンビカーや三輪車も楽しんでいます
すずめ組(2歳児)
12月は生活発表会がありました。お子さんの姿はどのように映りましたか。子どもたちはみんな犬のおまわりさんが大好きで、歌をうたったり、おまわりさんの帽子や猫耳をつけて廊下を散歩するのを楽しみにしていました。そして、みんな大好きクリスマスもありました。
保育者に「○○お願いしたの」とワクワクしながら話してくれました。また、保育園にもサンタさんが来てくれて、会うまでは「早く会いたい」と言っていましたが、実際サンタさんを見るとみんなビックリしてしまい言葉が出ていませんでした。ですが、サンタさんからコンビカーやピカピカ三輪車を貰えて大喜びしていました。
りす組 (3歳児)
12月は発表会の余韻も残り、子ども達が5才さんのシンデレラごっこをしたり、歌を歌ったりと楽しく表現して遊ぶ姿が見られました。また、クリスマス会では憧れのサンタに会えて大興奮のりす組さん。プレゼントを貰えて喜んでいました。外では寒さに負けじとみんなで園庭を走って体を温めてから遊びました。1月も寒い日が続きますが元気に外で遊んで過ごしていきたいと思います。
はと組 (4歳児)
生活発表会でやった「にゃんきちいっかのだいぼうけん」では、見せ場で猫の一家が溺れるシーンがありました。一人ではなく複数が海の中にいるため途中からふざける姿が見られるように.・・・。
「大切な家族が溺れたらどうだろう?」この話し合い後に練習で一人の男の子が口を膨らませて溺れるシーンを演じるようになりました。これがきっかけとなり本番もリアルに溺れるシーンを演じてくれた子ども達。
大人が答えを出すのではなく子ども達が自分で表現の仕方を考えたからこそ本番でも最高の演技を披露してくれたのだと思います。
きりん組(5歳児)
12月は生活発表会があり、「劇シンデレラ」「合奏」「合唱」と出番が多かったですが、一回一回の練習で「もっと役になりきろう!」「大きな声で言う!」等話し合ってお互いに意識して取り組んでいき、本番では練習の成果が発揮されていたように感じます。一人で言うのは緊張して恥ずかしいけど勇気を出して発表会に参加していた子ども達です。クリスマスでは新しくオセロゲームセットをサンタさんからプレゼントされて喜んでいました!サンタさんへ「あわてんぼうのサンタクロース」を歌いお礼を言いました♪1月から就学に向けてお昼寝が無くなり遊ぶ時間が増えます!子ども達と元気に遊んで過ごしたいと思います。今年もよろしくお願い致します!!

三祉会

園だより

園のスケジュール

子育て支援

地域公益活動

お問い合わせ

スタッフ募集