三祉会

園だより

行事・スケジュール

地域交流

その他の保育事業

お問い合わせ

TOPへ戻る > 園だより

園だより

2019年度 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2018年度 3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2017年度 3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2016年度 3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月


 明けましておめでとうございます。昨年は、色々なところでご協力をいただき、無事新しい年を迎えることができました。今年度も残すところ3ヶ月、進級に向け気を引き締めていきたいと思います。
 三祉会に委託され今年度で丸5年になります。まだまだ、纏まりきれていない職員だと思われているかと思いますが同じ方向を見て協力して進めるよう頑張りますのでご協力をよろしくお願いいたします。
 お正月は、楽しく過ごせましたか 今月、保育園ではお正月の遊びを楽しみます。日本の伝統遊びは伝えていきたいですね。
 年末には、胃腸炎が少し流行りましたがおもちつきは予定通り行いました。ついたお餅は鏡餅にしお正月を迎えました。子どもたちには給食室で作った5歳リクエストの〈きなこ〉と〈醤油,ごま.海苔〉味のお餅を食べました。

園長 石川淳子

交通指導教室
 警察の方に来てもらい、5歳児に交通のルールを教えてもらいます。保育園の周辺を実際に歩きながら、安全確認の仕方や横断歩道の渡り方などを学びます。

コマ回し大会
 幼児クラスの遊びの中で行うコマ回しの成果を競い合います。今年から4・5歳は個人持ちの木コマを使って行います。各クラスで予選会を行った後で、ホールに集まり決勝戦。
コマ回しのチャンピオンを決定します。

今月の地域交流
 13日の「一緒に作りましょう」では、『保育園の人気メニュー』を栄養士と一緒に作ります。栄養相談、献立のアドバイスの相談も受けています。



お正月と歳神様
お正月はそもそも、歳神様をお迎えしお祀りするためにあります。お正月にお迎えする『歳神様』は、その年の幸運を運んで来てくれる大切な『祖神』でもあるとされています。
歳神様は初日の出と共に現れるという言い伝えから、日本では昔から初日の出をとても重要なものと位置付けてきましたし、中でも歳神様は高い山から下ってやってくるという話から、山の上で見る初日の出を『ご来光』と言って特に大切にしてきました。また、むかし、亡くなった人の魂は、山にいって、山の神となり、豊作と子孫繁栄をもたらす歳神様としてお正月に子孫のもとを訪れると信じられていました。
お年玉も、『神様から魂を授かる』と意味の『年魂』が由来となっているそうです。また、門松は歳神様が迷わないようにと目印として家の前に置くものです。さらに鏡餅は、家に入って来た歳神様がそこをよりどころとして再び山に帰る日までいらっしゃる場所となります。鏡開きの日には歳神様の力が宿ったこの鏡餅を家族で食べることで、一年を健康に暮らせると言われているのです。

~2017年がご家族の皆様にとって良い年でありますように~

~劇遊び・懇談会(3,4,5歳児)のお知らせ~
下記の日程で劇遊びを行います。劇遊びの後に、今年度最後のクラス懇談会を行います。
進級に向けての話もありますので、是非ご出席ください。
ちゅうりっぷ組…2月7日(火)
ゆり組……………2月14日(火)
ひまわり組………2月16日(木)
※劇遊びと懇談会は午前中を予定しています。時間などの詳細は後日お知らせします。

三祉会

園だより

園のスケジュール

地域交流

その他の保育事業

お問い合わせ

スタッフ募集