三祉会

園だより

行事・スケジュール

地域交流

その他の保育事業

お問い合わせ

TOPへ戻る > 園だより

園だより

2019年度 8月 7月 6月 5月 4月

2018年度 3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2017年度 3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2016年度 3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月



 さわやかな季節になり、半袖で元気よく遊ぶ子どもたちの姿が見られるようになりました。新入園児の緊張も取れたようで笑顔が見られ、園庭や散歩へと戸外で遊ぶ時間が多く見られるようにました。4月後半には水疱瘡の感染期間のためクラス保育になったクラスがあったため早番・遅番の部屋が替わりましたが、登降園のご協力ありがとうございました。また、クラス懇談会には、たくさんの方のご出席ありがとうございました。その際に頂いた質問やご意見でお答え出来ていないことに関しましては、決まり次第、お知らせいたします。  5月は、子どもたちの好奇心をかきたてる季節。虫探し、どろんこあそびと園庭の中でもできる色々な遊びを満足するまで思いっきり遊んでもらいたいと思っています。また、連休もありますが疲れがたまらないようゆっくり過ごしてください。
園長 石川淳子

体操教室
毎週金曜日、4,5歳児を対象に外部講師の中島啓輔先生による体操の指導があります。体を動かす楽しさを感じられるよう、鉄棒やマット、ボールなど様々な競技に取り組んでいます。

アトリエのじかん
月に一回ずつ、4,5歳児を対象に外部講師の小島美和先生による美術(絵、造形)の指導を受けています。

遠足
4,5歳児は春と秋に遠足に出かけます。春は、『こどもの国』(横浜)までバスに乗って行ってきます。110mもあるローラー滑り台やターザンロープなど楽しい遊具がたくさんあって楽しい場所です。

歯科検診
年に二回、園医さんに歯の状態を診てもらっています。虫歯などが見つかった場合にはお知らせしますので、早期の治療をお願いします。

歯磨き指導
3、4、5歳児を対象に、歯科衛生士を招いて、上手な歯の磨き方を教えてもらいます。3歳児は、歯磨き指導をきっかけに給食後の歯磨きが始まり、歯磨きの習慣がつくように取り組んでいきます。

地域交流
一歳児以上の未就学児のいる地域の方を対象に園庭を開放して、一緒に遊んだり、親御さん同士で情報交換したりできるように「なかよし広場」を行っています。


非常災害対策について
子どもたちの安全を守るため、避難訓練を実施しています。いつ起きるかわからない災害に対処できるよう、シチュエーションや時間帯は毎月変えています。そのため、送迎の時間に訓練を行っていることがあります。もし送迎時に訓練をしていたら、お時間が許す限り訓練にご協力ください。また、実際に災害が発生した際は、園内放送やその場にいる職員の指示に従い、一緒に避難していただくよう、よろしくお願いいたします。

絵本のプレゼント、ありがとうございました
昨年度末に父母の会から子どもたちのために絵本を購入していただきました。ありがとうございます。ようやく検本作業が終わり、5月より貸し出しができるようになりました。

保育園の絵本を貸し出しています!
登降園システムの横に本棚があり、そこにある絵本は全て貸し出すことのできる本です。貸し出しノートがあり、そこに必要事項をご記入いただければ、自由に持ち帰りお読みいただくことができます。
寝かせつけの時間に読み聞かせたり、くつろぎタイムにお子様を膝に乗せ読み聞かせたりと、親子の触れ合いにピッタリです。
ぜひ、お子様のお気に入りの一冊を見つけてください。

★貸し出し絵本コーナーを「れんげ組前」から「登園システム横」に移動しました。

♪どろんこあそびが始まります♪
子どもたちはどろんこあそびが大好き! 暖かくなってくると、子どもたちは裸足になり、手足を真っ黒にさせて泥だんごを作ったり、ままごとの料理に見立てたりしながら、土や泥の感触を楽しんで遊びます。
そこで、子どもたちが思いきりどろんこあそびを楽しむために、幼児クラス(ちゅうりっぷ・ゆり・ひまわり組)は、どろんこあそび用の服の用意をお願いします。

「幼児クラス限定」どろんこセット…汚れてもいいTシャツ、ズボン、パンツ

上記のものをビニール袋に入れてお持ちください。記名を忘れずにお願いします。
また、遊びの中で、どろんこあそびに発展することもありますので、乳幼児ともに普段から汚れてもよい服装での登園をお願いします。

「端午の節句」ってなぁに?
こいのぼりや鎧兜、菖蒲を飾り、男の子の成長を祈る行事のことで、「菖蒲の節句」ともいいます。古代中国では5月は物忌みの月といわれ、菖蒲を使って邪気をはらう行事が行われてきました。日本ではこの邪気払いと武運を大切にする「尚武(しょうぶ)」が結びつき、男の子の厄よけと成長祈願の行事になりました。

どうして「かしわもち」を食べるの?
柏餅を端午の節句に食べるのは日本独自の風習です。柏の葉には若葉が出てきてから古い葉が落葉するという特徴があるため、昔から「跡継ぎができるまで親は死なない」、ゆえに「家の後継者が絶えない」縁起のよい木とされてきました。

「調布市子どもメール」の登録に、ご協力ください!
調布市では、災害時及び緊急時等に市や保育園から園児の安否や施設の状況をメール配信するシステム(調布市子どもメール)を用意しています。すでに市からの登録依頼のお知らせを各家庭に配布させていただいておりますが、現在、60.0%の登録率になっています。災害時の連絡に役立つので、未登録のご家庭はぜひ登録をお願いいたします。
※在園児の保護者の皆様には昨年度も登録していただきましたが、年度ごとの登録が必要です。

三祉会

園だより

園のスケジュール

地域交流

その他の保育事業

お問い合わせ

スタッフ募集