三祉会

園だより

行事・スケジュール

地域交流

その他の保育事業

お問い合わせ

TOPへ戻る > 園だより

園だより

2019年度 8月 7月 6月 5月 4月

2018年度 3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2017年度 3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2016年度 3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月



 寒い日が続いていますね。カラカラで部屋の湿度を上げるのに必死です。感染症がモーレツに流行ることがなく春を迎えたいですね。子どもたちは、やっぱり風の子で外遊びが大好きです。時々、ちょっと体調の良くない子がその間に事務所に遊びに来てくれます。事務所の癒され時間です。仙川保育園の子どもたちは、風や土と友だちのようですがもっともっと遊んで大親友になってほしいと思っています。この間、パソコンやゲーム三昧の日々から突然、自然の中に入り生活を初め、その後、社会に戻り成功を収めるという話がテレビ番組の中で紹介されました。人間にとって、自然の中の土や樹、空や風などなどから得るものがいかに人間にとって大切なものなのかを痛感しました。10歳まで自然に触れ、たくさん遊んだ子は、将来、AIに使われず、使う側になれるということもいわれています。是非、保育園の子どもたちも自分の願うような生き方ができるよう育ってくれたらと思っています。
 今月、乳児クラスは懇談会、幼児クラスは劇遊び・懇談会があります。お忙しい時期かと思いますが、ご参加お待ちしております
園長 石川淳子

~活動紹介~
✿ 豆まき ✿
「節分」には季節を分けるという意味があり、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことです。昔は立春が1年の始まりだったので節分と言えば立春の前の日を指すようになりました。悪いものや災いに例えた鬼を子どもたちが豆をまいて追い払い、1年の無病息災を願います。




~劇遊び・懇談会のお知らせ~
つくし組………………2月14日(木) 懇談会【13:30~14:45】
もも・たんぽぽ組……2月14日(木) 懇談会【13:30~14:45】
すみれ組………………2月15日(金) 懇談会【13:30~14:45】
ちゅうりっぷ組………2月20日(水) 劇【9:20~】  懇談会【13:30~15:00】
ゆり組…………………2月20日(水) 劇【9:30頃~】 懇談会【13:30~15:00】
ひまわり組……………2月20日(水) 劇【9:50頃~】 懇談会【劇遊び終了後~】


~ちゅうりっぷ組:おおきなかぶ~
おじいさんが蒔いた種から大きなかぶができました。かぶを引っ張るおじいさん。はたして、かぶは抜けるのでしょうか…。ちゅうりっぷ組の子どもたちは、このお話が大好き!読み聞かせでは体を揺らしながら、声を出して楽しんでいます。劇あそびでは一人ひとりが自分なりの役になりきり、歌を歌いながら楽しみたいと思います。緊張してしまうと思いますが、優しく見守って下さいね。

~ゆり組:つんつくせんせいのかさじぞう~
話し合いの結果決まった“つんつく先生のかさじぞう”。図書館から借りてみんなで楽しんでいた『つんつく先生シリーズ』の一つです。これを元にみんなで意見を出し合ってストーリーを考え、みんなで様々な物を作っています。ストーリーは、「昔々、おじいさんとおばあさんがいました。」ではなく、つんつく保育園のつんつく先生と園児たちが傘を作り、お地蔵さんにつけてあげることから話は始まります。次の日、お地蔵さんたちが恩返しに動き出すのですが、つんつく園を通り過ぎ・・・さて、恩返しはいずこに向かうのか!! こうご期待!!

~ひまわり組:おばけの学校へ来てください(オペレッタ)~
つよしくんは、運動がきらいです。かけっこも、ボール投げもへたなので、みんなに『よわしくん』と言われていました。いつものように、クラスのみんなから離れて、やなぎの木の下で、ぽつんとしています。するとそこへ、おばけがやってきて、「おばけの学校の先生になってください。」と頼まれたのです。
つよし君はおばけの子どもたちと色々な運動をするのですが、何をやってもビリなのに「一等賞!」と誉められ変な気持ちに…。最後にとび箱をやって見せることになったのですが、その時、おばけの子どもたちのヒソヒソ声が。。。大変!ここで頑張らなくちゃ人間の子どもは弱虫ばかりと思われちゃう…。胸がジーンとしたつよし君は思い切ってとび箱に向かって走り出しました。するとつよし君は…。あとは見てのお楽しみ♪


三祉会

園だより

園のスケジュール

地域交流

その他の保育事業

お問い合わせ

スタッフ募集